英国修士のコンテンツサイト

英国大学院情報、イギリス生活、ブログ・IT情報などを紹介していきます。

【イギリス大学院のお金】学費高い?筆者の留学費用を公開

f:id:leeds343:20200428003139j:plain

イギリス大学院留学を考えている方の最大の心配事としてお金の問題があると思います。イギリスの修士課程は1年で終わるので、他国に比べて費用あまりかからない?など言われていますが、実際どれぐらいの費用が掛かるのでしょうか?

 

今回は私がイギリス大学院留学のためにかかったお金を公開していきます(生活費などの食費は抜きです。)

加えて各費用に関しての解説も少ししていきます。

 

  

【イギリス大学院留学】筆者の実際の費用

f:id:leeds343:20200426073009j:plain

筆者のイギリス大学院進学の費用

上図が筆者が実際にイギリス大学院留学のために使ったお金です。生活費などを除いても430万円ほどに上ります。学費に加えて意外とこまごました費用があるのをお分かりいただけるでしょうか。

 

保険やVISA申請なども結構お金を取られます。また出願料がかかる大学もあります。

 

私はロンドンの大学ではなく北部の地方大学に通っていますので授業料はあまり高くないです(この価格で笑)

 

これに生活費を加えるとやはり500万はかかる見込みなのがイギリスの大学院留学です。ロンドン市内だとさらに100万くらいプラスされるかもしれません。(物価+学費が高いので)

 

大学により100万円以上違うのがイギリス大学院の学費

f:id:leeds343:20200426073213j:plain

イギリスの大学院は学費の差が激しい

上図はちょうど私の専門でもある環境開発学コース授業料の各大学比較です。大学のよってかなり学費の違いがあるのが分かると思います。

 

環境開発学コースの例ではおおよそ180万円近く授業料の差がありました。ほとんど同じコース内容なのに学費の差が激しいのがイギリス大学院です。

 

やっぱりロンドン市内の大学は学費が高い傾向にあります。エディンバラ大学も伝統的に授業料高く設定してますね。

 

学びたい学問がはっきりしているのであれば下記記事で紹介しているac.ukの検索法で比較してみましょう。検索1ページ目に面白いようにイギリス大学院が並んで出てきます。

www.leedsleodis123.info

 

イギリス大学院留学は授業料以外の諸経費も掛かる

外国からの留学生特にEU圏外からの留学生はイギリスの教育セクターと政府にとってこれとない収入源です。なのでVISA申請などのステップで結構お金をとってきます。

 

例えばVISA申請ですが、同時にNHS加盟料として10万円程度の費用がかかります(1年滞在の場合)。そして申請から受け取りまで3~4週間ほどかかりますが、スピード審査をお願いする場合はそこでまた数万円の費用が必要です。このようなオプション性が他の手続きなどにも存在します。

 

イギリス大学院留学準備では、なんでもできるだけ余裕をもって手続きを進め、余計なオプションをつける必要をなくすことが結構重要な節約のコツです。

 

イギリス大学院留学費用節約のコツまとめ 

f:id:leeds343:20200426073453j:plain

イギリス大学院費用削減のまとめ

まずは大学によって差が激しい授業料の選択です。ロンドン市内は確かに教育の質も高い大学も多いのでここは、自分の選択次第という所があります。

 

そして航空券と寮の早めのブッキングをお勧めします。航空券は言わずもがなですが、イギリスの大学院には様々な国から学生が留学にやってきますので、寮も結構早く埋まってしまいます。費用の高い寮しか残ってないということにならないよう、早めに動きましょう。

 

そして、できるだけエージェントを使わないというのもイギリス大学院留学節約のポイントです。という私はVISAが不安過ぎてサポートお願いしましたが(笑)

 

給付型奨学金をリストアップ(イギリス大学院留学向け)

返済の必要のない奨学金を獲得するとかなりの費用節約になります。下記の記事にイギリス大学院向けの給付型奨学金を7つリストアップしてみたので参考にしてください。

www.leedsleodis123.info

 

 その他イギリス大学院に関する情報はこちら